profile

キサラギ。

Author:キサラギ。
今日和。キサラギ。と申します。
心に病をもっています。
ここはそんな私の吐き溜め。
たまに、力の限り、吼えます。
明日の己が今の己を振り返った時に、
恥ずかしくないような生き方をしたい。
昨日の明日をちゃんと生きて、
今日は明日より一歩前であるように。

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

recent articles

monthly archives

comments

categories

counter

blogpet & fund-raising


--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/04 17:05  乳との会話。


なぜっ、なぜそうなる!?
これでアクセス数一気にアップだね

じゃねぇよ!!!



正しくは『父との会話』だよ!!
べらぼうめがぁっ




取り乱しました、スミマセンw

うん、でも実際に思い切って父親と会話してみました。
あたしの将来について。

お題は、
「お父さんはあたしに大学行ってほしい?」
ってことでした。

なかなかね、内容の濃い話だったよ。
あたしはさ、焦ってるからさ、ほぼ常に。
だから、早く手に職をつけたいわけ。
でもさ、大学卒業証明書っていうのも、
いわゆる「手に職」のひとつだっていうわけ。

ちょっと納得。
将来、あたしと誰かが選考に残ったときに、
選ばれるのなら結局大学出てる方だしね。
お父さんの会社の話だと、
高卒(今のあたしの身分ね)で会社に入った人は、
30になっても40になっても工場員。
でも、大学をちゃんと出て正規の社員として入った人なら、
出世ができるし、したい仕事ができる。

父親は「大学卒業証明書っていうのは日本のパスポートだ」って言ってた。
持ってれば、どこにでもいける。
残念ながらタイやインドのパスポートを持っていても、
世界中どこの国にでも行けるってわけじゃない。
でも、日本のパスポートなら、信頼がある。
だから(朝鮮を除き)どこへでも行ける。
卒業書っていうのは、そういう信頼の証だって。

大学にいる間にもしかしたら気が変わるかもしれない。
変わらなかったら卒業してからその道を貫けばいい。
専門学校でもどこにでも行けばいい。

そりゃそうだわな。

父もさ、大学に行くことを強要してるわけじゃないんだ。
アメリカに帰らなくてもいいし、
日本の大学でもいいんじゃない的なことも言ってた。
アルバイトしてる間に新しいことも見つかるかもしれない。
もともと英語のほうで食べてくつもりだったからね。
その可能性は大いにありえる。
考えた結果、それでも専門学校に行きたいならそれでもいいともちゃんと言ってくれた。




つかれたよー。
あたしさ、自分からこんな風に父親に話しかけたのはじめてかもしんない。
「これ、食べる?」ってことすらも聞けないあたしが。
よくがんばったw

うちの家庭は特殊で、父とあたしの間をずっと母が橋渡ししてくれてたからね。
父親のことを、あたしは今でも恐れてるから。
論理的な攻め方をする、こわーいひとだから。

でも、あたしも大人になんなきゃね。
お父さんがこっちに歩み寄れない要因を作ったのもあたしだし。
おとっさんは人とコミュニケーションとるのが苦手なのよ。
フランクなのは尚更。
でも、それはあたしが意気地なしだからだったせいもある。
あたしがもっと積極的に話しかけていれば、
今くらいぎこちない家族の会話ってのは避けられてたかもしれない。
これからは相談とか、できる家族になってかなきゃな。


さーて。
とりあえず身体治しますかw

<< [mixi]さんぽ。 | HOME | [mixi]リニューアル。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。