profile

キサラギ。

Author:キサラギ。
今日和。キサラギ。と申します。
心に病をもっています。
ここはそんな私の吐き溜め。
たまに、力の限り、吼えます。
明日の己が今の己を振り返った時に、
恥ずかしくないような生き方をしたい。
昨日の明日をちゃんと生きて、
今日は明日より一歩前であるように。

calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

recent articles

monthly archives

comments

categories

counter

blogpet & fund-raising


--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/12/31 00:11  何言ってんだか。


mixiでは強がりました。
なんか怖くなったよ、突然、あの場所が。


ほんとは復帰するの、怖くて怖くて仕方がないんだ。
前にあたしがあそこにいた時、あたしにはあの子がいた。
あの子がいなくなってからも、頑張ったさ。
三ヶ月間。
それでも駄目だったんだ。
そんなあたしが今一度あの場所に立って、尚且つ歩き出し、歩き続けることができるか。
できるわけない、とあたしの大部分は笑い飛ばしてるわ。

休学の期限が切れて、復学しなければいけないし、
父親に大学は卒業しろと言われているから、
戻らざるを得ない訳だが、
この機会を逃したらあたしはいつまでも甘え続けると思うんだ。
そしていつまでも諦めたまんま。

「あたしは弱い」
この呪縛にあたしはもう何年捕らわれ続けてるんだろう。

周りに弱いと思われるのは嫌。
あたしは輝いてる子でいたかった。
だから全力投球で体裁を繕っていた。
ううん、今も。
周りにどう見られるかが、あたしの全て。
周りの評価が、あたしの品質。

ほんとならクソ食らえだわな。

そんな感じで固めた外見。
実際中で渦巻いてるのは劣等感の闇。

自信も、自己満足さえもない。
あるのは人間離れした理想と、そこにたどり着ける訳がないのにたどり着けないが故に自らを罵る己。

でも、そんなの今の自分にとっては当たり前なんだと思う。
だって実際今のあたしには誇れるものなどない。

体は弱く、精神はもっと弱い。
外に出て行こうとせず、ただうじうじうずくまっているこの人生のどこに誇りを見つけられようか。


だから、嫌々あたしは戻るんだ。
あの、全うな人生を送らざるを得ないあの場所へ。

やっていける自信ところか、生きていける自信さえない。
でも、あたしには指名がある。
というか、分かり切った上で枷を負った。
だから死ぬわけにはいかない。
こうでもしなければ、あたしはまた同じ道を選んでしまう。

もうこれ以上、両親を「可哀相な親」にはさせられない。
いくらすねかじりのあたしでも、これ以上学費以外のお金は出させたくない。



無理矢理でいい。
心の準備ができてないから怖い。
いつできるのかもわからない。
でもあたしも23になった。
とうとう来年は年女らしい。
順調にいって卒業は28。
ちゃんと歩き出せば、いつかまた精神的に余裕のあるところに落ち着ける日がくるかもしれない。
そんな弱い希望の光を頼りにして、あたしはアメリカに戻ります。

<< 理解しなかった(BlogPet) | HOME | [mixi]寝てます。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。