profile

キサラギ。

Author:キサラギ。
今日和。キサラギ。と申します。
心に病をもっています。
ここはそんな私の吐き溜め。
たまに、力の限り、吼えます。
明日の己が今の己を振り返った時に、
恥ずかしくないような生き方をしたい。
昨日の明日をちゃんと生きて、
今日は明日より一歩前であるように。

calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

recent articles

monthly archives

comments

categories

counter

blogpet & fund-raising


--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/31 07:25  [mixi]あと5日。


長かったはずのアメリカ滞在も、あと5日となりました。
と言っても5日目の早朝出発だから、
あと4日と言っても過言ではないのだ。
ついぐずぐずしてしまうあたしは、
最初の一週間は遊びに遊んでしまって、
そのツケが今になって表れてるところです。
メジャーをかえたり、ヘルスセンターに行ったり、I-20をもらったり。
他にもいろいろ。
眠い目をこすりながらも起きれるのはやっと12時ごろ。
こんなんでセメスター始められるのかね・・・。
授業9時からなんですけど。
(これでも8時を避けたつもり)



この滞在中に、色々考えました。
考えさせられた、といいますか。
もやもやするんだよね。
「なんだろ?このもやもやは??」って。

昨日のキャンパスからの帰り道。
いきなりふっと思いついた。
あたしは誰かに必要とされたいんだと。

中学、高校時代は、満たされていた。
もともと注目されるのが好きだったあたし。
この辺一人っ子具合がよく出てる。
だから、委員会とか部活とかで張り切ってた。
『長』がつくものならなんにでもなった。

でも、大学生になって、そうはいかなくなった。
だから、男を作った。
好かれてるのがとても心地よかった。
誤解されないように一応言っとくけど、
あたしも彼らを愛してた。
「この男はあたしのもの」っていう優越感。
空気のようにいてくれるという安心感。
それに、愛されているという実感。
嬉しくて嬉しくて、あたしは満たされていた。

でも、独り身になってからどれだけたつだろう。
やっと気づいた。
あたしは誰かに必要とされていたんだと。
少し、背筋が凍った。
「じゃあ、今までのあたしの恋心はニセモノだったの?
恋心だと思っていただけで実はもっと程度の低いただの欲求だったの?」

ともだち紹介バトンであたしはいつも『繊細な人』だった。
「駄目だなぁ、あたし」って空を見上げた。
樹木の多い、チコの空。
今までは、自分の短所を見つけたらしょげて、部屋の角で布団にくるまっていた。
でも、それじゃあいけないんだよね、今回の場合は。

どうしたら必要とされるか。
答えは簡単。
必要とされる人になること。
男もできないわけだw
正直、何から手をつけていいのかわからない。
とりあえずこの甘ったれた根性を叩き直さねば。

急ぐつもりはない。
でも、「いつかは」の心意気で、徐々に“男に頼らなければ自分を保ってられない自分”から抜け出していければと思う。

まずはこの病気と闘おうかな。
ゴングはもう鳴らしたから。

<< おいおい。 | HOME | [mixi]えええええ。(BlogPet) >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。